2009年12月31日

pride

思うようには いかないもんだな…



思い上がりと笑われても 譲れないものがある…





2009年の締め…、そして当ブログの締めでもあります。
いろいろとあいさつも考えましたが、省略顔(チラッ)
International版は ( 多分 ) もう少し続けると思いますので、よろしくお願いします。
一年間、ご支援いただきありがとうございました。


Classic、これにて閉店ガラガラ…

ニックネーム DJ サム at 09:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

ありゃま?

日本中央競馬、一年の総決算…。

有馬記念と言えば、“ 世界最高 ” の売り上げを誇る年末の風物詩。
ふだん競馬を観ない人も、宝くじ感覚でこのレースだけは馬券を買うという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

有馬記念は、終わってみれば 「 あ〜、そういうことだったのか… 」 と頷く結果となることも多く、自分の本命以外にも “ 遊び馬券 ” を買う楽しみもあります。

有名なのは、9.11テロの年。
「 マンハッタンカフェ 」 と 「 アメリカンボス 」 のワンツー!

松田優作が亡くなった年には 「 ダイユウサク 」 !

ま、終わってからのこじつけもたくさんありますが ( 苦笑 ) 、今年はどんな結末が待っているのでしょう…。



今年のキーワードは?
民主党、政権交代、新型インフルエンザ、マイケル・ジャクソン、酒井法子、オバマ大統領、WBC、高速1,000円、裁判員制度、天皇皇后両陛下ご成婚50周年 ( 金婚式 ) 、森繁先生、大原麗子、忌野清志郎、三沢光晴、その他多数の有名人が死去…
こんなところでしょうか…?

終わったら、がんばってこじつけてみせます顔(イヒヒ)




以下、Daddyの 『 思い出の有馬 』











復活や引退も大きなテーマの一つ。
何かドラマが待っているのでしょうか…。

一時間後の発走です。
ニックネーム DJ サム at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

渋っ





コテコテの名曲exclamation&question







自分のまだ幼い子供を亡くしたときに、彼はその子に語りかけます。

もし、天国でお父さんがおまえに会ったら、おまえは俺の名前が分かるだろうか…
俺はずっと強く生き続けなくちゃいけない
天国に行くわけにはいかいんだ… もうやだ〜(悲しい顔)






オバマか…
マイケルか…

ひょっとして鳩山exclamation&question
ニックネーム DJ サム at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

想像してごらん…















希代のアーティスト
衝撃的な最期でした…。

な〜んて、これを語るには Daddy は若輩過ぎるのでやめときます。
でも、自分の方がジョンレノンより長く生きてるなんて…
なんか不思議です。
ニックネーム DJ サム at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

安息の日々

時には人知れず休むことを覚え このまま眠りたいと思った

この空見上げて 「 今度こそは 」 と、何度つぶやいてみただろう



Daddy が中学の頃に出逢った詩( 詞 )…
今でも何かにつまづくたびに、このフレーズが頭に浮かんできます。


ずる休みしたい気持ちは大人になったって消えちゃいない…。
今度こそはと誓ったはずなのに、また同じ過ちを繰り返してしまう…。


年を取るごとに、グッときます。

人間は大人になれば勝手に成長すると思っていた。
でも、そんなことはなかった。

努力しない人間、考えることをしない人間は成長しないってことが、今さらながら分かってきました。




※1 関連動画は探せませんでした。
※2 最初の2行は、CHAGE and ASKA ( 当時:チャゲ&飛鳥 )1982年発売の3枚目のアルバム 『 黄昏の騎士 』 の9曲目 「 安息の日々 」よりパクリました。機会がありましたら、ぜひ聴いてみてください。
ニックネーム DJ サム at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

一心同体

こないだ、International 版に mico の誕生記念日のことを載せました。
その時の dad の16歳の頃のネタに書こうと思ってて忘れてしましました。

そう、タイトルでピンときた方は偉いClap

当時、30億とも40億とも言われたプロモーション費用exclamation×2
おかげで所属事務所が倒産するという、いわく付き…顔(なに〜)

でも、これはホント名曲ですよ〜。
Daddy おすすめGood






この道、道の向こう
何かが、何かが待つ…


ん〜、何が待ってたんだろう…。
ニックネーム DJ サム at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

16 Candles

今日はどうしてもコレを載せたかった手(チョキ)















シブがき隊、省略…。


mico 、おめでとう…。
ニックネーム DJ サム at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

無題

“ 今夜はこの曲を聴こう ” ってのは、ありましたが
しっくりとくるタイトルも文章も思いつかず…。





クリエイションからクリエーションへ







ホントは35分ぐらいの曲…



これで青春も終わりかな…





しんみりと…







タイトルどおり…







この映画、衝撃的だった…(当時:小学生)



金のかけ方、出演者の豪華な顔ぶれも凄かった記憶が…
( でも、今観たらどうなんだろう? )



男性のみなさん、今日は日本酒でどうぞ…
ニックネーム DJ サム at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

スーパーアイドル

以下の文はフィクションです。登場する人物名やグループ名が実在のものと同じであったとしても一切関係がありません。Daddy の妄想によるものです ( 多分 ) 。



ビートルズなんて言うと、近づきがたい超大物アーティストのようなイメージがありますが、同じ時代に生きた人たちにとってはアイドルなんです。行く先々で、女の子たちは 「 ギャ〜 」 …ですよ。

メンバーひとりひとりがもの凄い才能を持ち、ソロでも活動できるけど4人揃えばさらにパワーが増す…。そんな感じだったんでしょうね。



※長いので、出だしの2〜3分ぐらいでイメージを掴んでください…






初期の頃はジョンの才能がずば抜けて優れていたため、彼はメンバーたちを見下すような ( 君たちとは違う…みたいな ) 態度も見せていました。

ところが、活動を続けていくうちにメンバーのポールが実力をつけてのし上がってくる。ポップな感覚が客にも受ける。さらには他のメンバーたちも個性を発揮しだす。ジョンはかなり焦ったでしょうね…。

もちろん、グループ内の不協和音が見え隠れするようになってきます。
才能が集まりすぎるってのも、大変なんですね。

世界中で愛される音楽を自分たちで作って、自分たちで演奏して…。
髪型やファッションも大流行、こんな世界的アイドルはもう出てこないでしょう。



さて、現代の日本に目を向けると…。
やっぱり、スーパーアイドルはSMAPってことになるんでしょうね。
小さな子供から、親の世代、お年寄りまで、もし目の前にSMAPの誰か ( あるいは全員 ) が現れたら、「 ギャー 」 どころじゃないかもしれませんね。

彼らが未来に残るような “ 自作曲 ” を無数に発表し、そして世界中で彼らのことを知らない人がいない…、そんぐらいになったら凄いですね。

おそらく、ビートルズってのは、そんな存在だったんだと思います。

SMAPのメンバーに置き換えてみると…。
ジョンは大体想像がつきますが(笑)、果たしてポールになりうるのは…?





このふたつのグループだと、人数がひとり合わないけど…。
ま、いっか…。 誰が要らないのかも含めて妄想をお楽しみください。
ニックネーム DJ サム at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

ぼくたちの失敗

決してストライクの年代ではないのですが…。

彼女の歌って、なんかこう打ちのめされるっていうか、暗い方、闇の方、底の方に引き込まれるような感覚を覚えます。











なんだか泣けてくる…。
ってか落ちていく…?
ニックネーム DJ サム at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする